カテゴリー別アーカイブ: あなログ

あっという間に夏が…

ごぶさたしています。今泉です。

気がつけば祭りシーズンが過ぎ、お盆が過ぎ、
朝晩はエアコンがいらないぐらいの涼しさに。
毎年のことなんですけど、青森の夏、終わるの早いですよね。

今年は、黒石ねぷた祭り、八戸三社大祭、青森ねぶた祭前夜祭で
中継リポーターを担当しました。
この時期、お祭りが重なるのでアナウンサーの都合がつかず
黒石ねぷたの中継が決まったのは当日の朝。
ニュースワイド時代に、八戸から2度中継をしたことがありますが、
お祭りの中継なんて福岡で局アナをしていた20代の頃以来です。

ただ、当時担当していた番組が
毎朝、外から生中継をするものだったので
中継そのものは何度やったか覚えていないぐらいたくさん経験しました。
そして、20年以上やっていなくても
中継の感覚って体が覚えているんですね。
全然緊張しなかったし、楽しんでできました。

黒石ねぷたはこみせ通りの幅に合わせて小さめに作られていますが、
ねぷたに手が届くような近いところを通るので
違った迫力がありました。

黒石ねぷた。高さも低めでとても近くで見られる

黒石ねぷた。高さも低めでとても近くで見られる

三社大祭の山車も、テレビで見ていたときには迫力がわからなかったのですが、
実際に目の前で見たら、高さ10mにもせりあがる仕掛けに興奮。

生で見ると立体感がわかって迫力があります

生で見ると立体感がわかって迫力があります

そして青森ねぶた。跳人の衣装は自前です。
これを着てお囃子を聞くと、じゃわめかずにはいられない青森市出身の私。

マイクを持って跳ねたの初めて

マイクを持って跳ねたの初めて

黒石ねぷたと八戸三社大祭は、何を喋るかは自分で考えたのですが
青森ねぶた前夜祭は、後輩の記者が台本を書いてくれました。
リハーサルをしてみたら30秒ほど余ったので
残った時間は跳ねることにして本番を迎えました。
跳ねだしたらやっぱり楽しくて、結局中継の終わりまで30秒ほど跳ねっぱなし。
最後は息が切れてしんどかったです。

中継を見た人からは、私の跳ね方がやっぱり青森の人だと思った、とか
私が跳ねる姿しか印象に残っていない、と言われました。
それはそれで中継としてどうなんだろう…とも思いますが
まぁ楽しかったんでよしとしましょう。
私がお祭りの中継をやることもそうそう無いと思うので。

さぁ、秋が来て冬が来て雪が降るぞー(まだ早い)

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

お盆とうろうと家庭の味

昨日のわっち!!もすごく楽しかったです(^o^)

気になることを調査する「わちぺでぃあ」では、
視聴者からの依頼に応え、「カラフルなもなかのようなもの」を調査しました。

これ、何だかわかりますか?

これ、何だかわかりますか?

青森生活9年目なのに、知らなかった・・・
普段スーパーに行っても、お盆用品売り場に立ち寄ることがなかったからもしれません。
県立郷土館の学芸員 増田さんに伺ったところ、
お盆に供物の代わりとして飾るものなんですね。

お盆用品なのに、思わず「可愛い~!」と言ってしまいました。
だって、こちらをご覧ください!

スーパーなのに…可愛い~!!

スーパーなのに・・・

お仏壇なのに…可愛い~!!

お仏壇なのに・・・

お墓なのに…可愛い~!!

お墓なのに・・・

カ~ワ~イ~イ~~♡
自分の部屋や車にも飾りたいなって思っちゃいましたもん。

調査を進めていくと、このお盆とうろうを作っているのは
県内に1件だけだということがわかりました。

C0007 FF

長年作り続けてこられた山野辺辰美さん(78)。
大病を患い、去年廃業することになったとき、
鶴田町のサトウ商事の佐藤社長が、引き継ぐことを決めたそうです。

使う機械は、山野辺さんから受け継いだもの

使う機械は、山野辺さんが長年使っていたもの

工場には・・・

C0003FF

「山野辺商店」の看板。
山野辺さんの想いと一緒に、こちらも受け継いだんですね。
サトウ商事さんのお蔭で、県産(?)のお盆とうろうが途絶えずにすみました!!
本当によかった。ありがとうございます!

視聴者の方からも「全国共通だと思ってた…」や、
「ずっと気になってたので調べてくれてありがとう」などの
メッセージをいただいて、すごく嬉しかったです(o^^o)
県内だと津軽、下北で使われていて、型や飾り方は違いますが他にも
山形の庄内地方や、秋田・北海道の日本海側にもこうした風習があるようです。

私自身知らないことだらけだったので、とても興味深く楽しい調査でした✨

 

受け継ぐといえば!
昨日のわっちtheキッチンで、青い郷里の松山さんに教えていただいた「お煮しめ」

IMG-2909

びっくりするくらいおいしくて箸が止まりませんでした!
ダシがきいていて、色々な具材の旨味が出ていて。
煮しめって、それぞれの家庭によって具材や味が違うんですよね。
私はこれを我が家の味にします!!!生涯作り続けるぞぉ( ´^o^`)
ぜひわっち!!のwebページでレシピを見てみてください✨

 

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

どうしよう

夏祭りを満喫しすぎています。
2日に青森ねぶた祭が開幕してから、今日で5日目。
毎日欠かさずまちに繰り出し、お酒を飲みながらねぶたを見て・・・
そろそろ胃腸が限界を迎えております。

なぜだか私にはお酒をたらふく飲むイメージがついているようなのですが、
飲み会の時に思いきり飲むだけで、普段は家ではまったく飲まないんです。
それなのに連日飲んでしまっている!

だって、こんなに恰好いいねぶたを見たら・・・ねぇ。

青森菱友会 『紀朝雄の一首 千方を誅す』(作:竹浪比呂夫さん)

青森菱友会 『紀朝雄の一首 千方を誅す』(作:竹浪比呂央さん)

あおもり市民ねぶた実行委員会 『神武東征』 (作:北村麻子さん)

あおもり市民ねぶた実行委員会 『神武東征』 (作:北村麻子さん)

ねぶた愛好会『土蜘蛛 』(作:諏訪慎さん)

ねぶた愛好会『土蜘蛛』(作:諏訪慎さん)

ねぶた師の皆さんが魂を込めて作り上げたねぶたが、鮮やかに浮かび上がって・・・
あまりの美しさに引き込まれ、目が離せなくなります。

昼間のねぶたも素敵ですが、
やっぱり明かりがともって躍動する姿を見ると、痺れますね!!最高です。
同じねぶたでも、角度によって全然違った雰囲気に見えるのが魅力だなぁと思います。

四方八方から撮りたくなります

ああステキ

四方八方から撮りたくなります

四方八方から撮りたくなります

タイトルの何が「どうしよう」なのかと言いますと、
こんなに夢のような毎日が終わってしまうのが怖いんです(◎_◎;)
毎年のことですがセンチメンタリストな私は、祭りが始まる前から
終わることを考えてしんみりしていましたからね・・・

でも、そう思える祭りに出会えたなんて幸せなことじゃぁないか!
青森に来て本当によかった。そう思える瞬間でもあります。
ねぶた祭だけではなく、青森は全世界に誇れる祭りの宝庫です。
これからも胸を張って伝えていきたいと思います(^^)

今夜も出かけるぞ~♡
お酒はほどほどにします。

 

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

燃え尽きた・・・

土曜日、a-nationならびにa-TVサマーフェスティバル2019が無事終了しました。

前日のわっち!!には、a-nationの告知で古坂大魔王さんがスタジオに♪

IMG-2487

当日蓋を開けてみないとわからないこともあり、
30分間の生放送特番やステージイベントなど
個人的には内心ドキドキしていたのですが、何とか乗り切れました!

張り切るアナチーム

張り切るアナチーム

こうしてアナウンサーが揃って中継に出ることもなかなかないので新鮮です。
(今泉さんは、ニュース対応ありがとうございます!笑)

ATVブースもたくさん出ており、まさに全社を挙げてのイベントで、
お祭り気分で楽しめました。

IMG-2527

GMUの皆さんはフレッシュでキラキラ輝いていましたし、
FUMIYAさんと久々にお会いできたり、
かっこいい和太鼓やギターのパフォーマンスがあったりと、
ゲストの皆さまにはステージを華やかに、賑々しくしていただきました✨
ありがとうございました!!

そして私はというと、いつも一緒にバンドをしている皆さんに来てもらい・・・

IMG-2509

IMG-2504

「わっちの歌」の他に、3曲演奏させていただきました。
最後の曲では、河村アナ(ギター)、近藤アナ(カホン)とコラボ!

形態は違えど、アナウンサー同士で曲を披露するのは「じしゃばんど」以来。笑
たくさんの方に声をかけていただけて、嬉しかったです。
身に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。

天気にも恵まれて、本当によかった☀
日差しが照り付ける中、何時間も外にいたため、日焼けする人が続出。

美肌が自慢のおじディレクター(50)は、日焼け対策を怠った結果

ビフォー

ビフォー

アフター

アフター

こんなに激変してしまいました。
謎の柄のシャツも相まって、もはやどこの人なのかわかりません。

お肌のためにも、日焼け止めはしっかり塗りましょうね(^_^)

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。