アナログ
2010年 7月 22日 (木) 11:10

名刺でPR
by 斉藤 彩
先日、おしゃべりハウス金曜日に、素敵なゲストが来て下さいました!

講演会やタレント活動など幅広い分野で活躍なさっている伊奈かっぺいサン&地吹雪体験ツアーを発案するなどの観光のカリスマ角田周サンです☆


このお2人は、東北新幹線全線開業を子どもから大人まで気軽にPRできるようにと、、まずは名刺で開業をPR!!と、「いち念あお組」を立ち上げました☆

団体名には「有志が一念発起し、はやぶさ(E5系)を応援し、心一つに青森県の魅力をPRする」との思いを込められたとのことです。

さて、写真にも載せました名刺は、かっぺいサンがデザインしたもの♪
イラストの下に自分の名前など書いてみんなに配れば、
バッチリ青森県をPRできます(o゜∀゜)ノ

ビジネスだけではなく、修学旅行先などでPRに使ってみると素敵かもしれませんね!!

1セット100枚入りが税込み1,200円☆

弘前市の紀伊国屋書店など県内5ヶ所で販売されてます〜♪
お問い合わせは「いち念あお組」事務局 TEL/FAX0173-52-2012です♪

【写真】
:かっぺいさんが私の名前を書いて下さいました〜♪
:裏面です☆
:横山ひできサンの名前入り名刺!3つのデザインがありますよ!

片手の指で青森県の形を作っています♪




今年もいらしてくださった
by 津田 禎
 「津田さんに荷物が」

 受付あたりから連絡が入ります。いそいそと取りに行きます。

 そこには


 そこにはなんとぉ!!


 メロンの箱が!!!

 あぁ、今年もおくってくださったのですね。

め ろ ん

 北海道富良野の津田農園さんは、

私と名前に共通点があるという縁で毎年農園で丹精込めて作ったメロンを会社におくってくださっているのだ。

(毎年確認のためにいっておくが、親戚関係では全くないのだ)

 と、ここまで書いて、ふとATVのホームページを確認すると…


あ…。


 もう池田が書いてしまっているではないか。

しかも私の写真まで載せているではないか。なんとしたことだ。


 全ては筆の遅い私の責任なのか。


 ということで、津田さん今年もありがとうございます。

3時のおやつには皆でいただいております。

 因みに津田さん(富良野のね)はホームページを開設しておられる。

メロン栽培について自分の思いを語っていらっしゃって、

色々学ぶべき点が多々ありまする。

 「あじ彩便」 で検索すればHITします。




2010年 7月 21日 (水) 20:04

お花をいただきました☆
by 駒井 亜由美
きょう、素敵なお花をいただきました♪

かわいいポットにちょこんと入ったアレンジメントフラワー☆

かわいすぎ!!

私のデスクに飾ってます。

連日、暑くてうんざりしますが、お花を見るだけで癒されます〜。

幸せな気分☆

ありがとうございます。




届きました!!
by 池田 麻美
「きたよぉ〜〜〜♪」

どこからともなく聞こえてくる津田アナの声。

その手には見覚えのある大きな段ボールが2つ。


あれ?もしや…!?


よく見ると「メロン」の文字がーーーーっ!!

わぁ〜〜〜っ☆\(;▽;)/


そうなんです!!

今年もまた、北海道は富良野の津田農園さんから、
たくさんのメロンちゃんたちが届いたんです!!!!

北海道の津田さん、ありがとうございます!!


さっそく、いただきましたよ〜☆

ジューシーでとろけるような甘さに感動!!

いやー、本当に美味しい!!
あまりの美味しさにふにゃふにゃ〜となってしまいました(*~o~*)


べじたぼー日記で、毎年スイカやメロンで失敗している私たち。

メロンやスイカを一人前に育てるのは本当に大変なんです。



それもあんなに美味しくなるまでには、たくさんの愛情とご苦労は欠かせません。

北海道の津田さん、今年も愛情たっぷりの美味しいメロン、
ありがとうございました!!

とっっ……ても美味しかったです☆
幸せなひとときをありがとうございました(*^o^*)


<きょうの写真>
1.「きたよぉ〜」
2.北海道の津田さんの愛娘、立派なメロンちゃんたち☆
3.本当にありがとうございました!!!!




2010年 7月 20日 (火) 16:46

栽培日記:6日目
by 池田 麻美
一昨日は、チビチビしていた二葉ちゃんたち。

昨日、日光をたくさん浴びさせたら緑色が濃くなりました!

光合成している!!

なんだか、たくましく見えます。


結局、一昨日は、いつ鳥に食べさせようか悩んだあげく、

もうちょっと育ててからにすることにしました。




2010年 7月 18日 (日) 19:52

栽培日記:4日目
by 池田 麻美
15日(木)から育て始めたアルファルファですが、

さっそくニョキニョキ育ってきました!!


小さな二葉ちゃんたちが1cmほどの身長に♪


しかし、どれくらいで鳥に与えればいいのか…

説明書には、「小鳥は10mm〜15mmの新芽を喜んで食べます」
とは書いてありますが…

喜びはするけど、それは適度なタイミングとも限らないし…

でも、感情を優先して、
やはり、今、食べさせるべきなんでしょうかねぇ…

芽が出たはいいけれど、
なんとなく悩んでしまった、今日この頃でした。




2010年 7月 16日 (金) 17:10

野球部マネージャーだったころ
by 加藤 由里子
みなさんこんにちは。

いよいよ高校野球も中盤ですね。

あっという間です。


みなさんご存知かもしれませんが、
私は今年、高校野球の担当をさせていただくことになり、
日々夕方のニュースワイドで試合結果などをお伝えしています。

ということで日々、球場に通っています。



私は大学時代に野球部のマネージャーをしていたので、
高校野球は以前から担当したいと思っていました。

球場に行くと選手たちのアップの声、スパイクで歩く音、
ボールがバットに当たる音、球場の土っぽさ、
緑色のネット。

すべてが懐かしいです。



毎日試合を見ていて思い出す試合があります。

2年生の時の夏の大会です。

その大会は高校野球と同じでトーナメント戦。
一度負けると次がありません。

我が野球部は先攻。
9回の表まで7対3で勝っていました。

そして9回ウラでも2アウトを簡単に取り、
下位打線。

誰もが勝利を確信していました。

私は試合のビデオ担当でバックネット裏で
すでに頭のなかは明日の試合。

でも野球はツーアウトから。

(記憶が確かなら)最後のバッターとなるはずの打者にも
ツーストライクを入れていたにもかかわらず
ヒットを許してしまいます。
その後もヒットが続き、
あっという間に同点に。

試合は延長戦へ。

結局相手にサヨナラ打を許し、敗戦。

あれほど2アウトからの重みを痛感した試合はありません。


高校野球も同じ。

2アウトから何が起こるかわかりません。

勝っているチームは9回2アウトでも油断は禁物。
負けているチームは9回2アウトでもあきらめてはいけません。


今年の夏、青森で見た試合も粘り強いプレーが出ていて、
本当に見ていて面白いです。

そのたびに2年の夏の大会を思い出します。


高校球児の皆さんは、自分と仲間を信じて最後までがんばってください!!


青森県高校野球部
勝手にマネージャー
加藤由里子


ちなみに
勝手にマネージャーの加藤は日よけのため大変変な格好をしているので
球場ですれ違う人々に「あの人誰?」と言われています。

仕方あるまい。




2010年 7月 15日 (木) 19:09

超簡単レシピ その壱
by 川口 浩一
(超簡単レシピ その壱)調理時間22秒

結構巷でも有名な調理法かもしれませんが、私が大好きなので…。

(材料)
ホヤ(好きなだけ)・キムチのもと(適宜)

(つくり方)
1.適当な器に剥いて一口サイズに切ったホヤを入れる。
2.キムチのもとを好みの量入れる。
         出来上がり!冷やして召し上がると極美味!!
(追補)
きゅうりの千切りでも入れたら、店で売れる  カモ!




栽培、はじめました。
by 池田 麻美
今日、種をまきました。

といっても、べじたぼー日記ではなく、個人用としてです。


小鳥のための野菜の栽培セットが売っていて
つい、可愛いインコのためにと買ったものです。

夏場は4〜5日で発芽をするらしいので、乞うご期待☆

<きょうの写真>
1日目:ヘチマに水を含ませて、その上に種をまきました。
    アルファルファの種です。




「確率」と「確立」「意外」と「以外」の違いを理解できない大人って…
by 津田 禎
寝られないんすよ夜中。

いや、ネズ公(ジャンガ… もういいすか)がうるさいからじゃないです。

うるさいですけど…。

奴らは別室に隔離しました。

ケージの中で暴れまわって住処の木屑を部屋にばら撒いております。

 寝られないのは、あっついんじゃ!!

いやぁ、最近は深夜そんなに気温が上がらないんで

寝苦しいはずはなんでありんすが、

寝苦しい。寝汗かく。

トイレ行く。

こ、これはまさか…。


 あ、大丈夫です。夏はいつもこうです。

暑かろうが涼しかろうか、はたまた寒かろうが。

秋になれば収まるんです。

単純な体。いや単純じゃないかも

 
 

 豚肉と白菜の重ね鍋

 用意するもの…豚バラスライス、白菜、水、お酒、もやし、ネギ
        ポン酢、だし醤油、一味、胡椒

 土鍋や一般的なお鍋、深鍋のホットプレートなどに適当に切った白菜、豚バラ、ネギ、もやしを順に重ねおく。間間に胡椒を振る

 水少々、酒少々を振りかけ、蓋をして火にかける。
 中火のち弱火で火が通ったら、ポン酢醤油につけて食す。

逃走したネズ公は確保のため首根っこ捕まえると

ほっぺたに蓄えてたヒマワリのタネばらまいて暴れるから

良い子は絶対にやっちゃダメ!!




!!ヤミロー!! ハナセー!!!









RSS


RingBlog ver.2.45h