アナログ
2009年 1月 26日 (月) 11:52


舞台ってことは舞ったほうが良かっただろうか、あ、舞い上がってはいたかも
by 津田 禎
お芝居に出演しまして、えぇ私が。

 事の始まりは昨年初夏のあたり、親しくさせていただいているIBC岩手放送の方から、


「津田君、文士劇出てみない?」とのお声掛けが。


 聞けば私の故郷奥州市江刺区で昨年から『奥州市民文士劇』なるものを上演している由。

長くなるんでその細かい部分は割愛しますが、じゃあ面白そうだから出てみんべ、とこうなった訳。

何回か青森と江刺を往復して稽古しましたよ、えぇ。

 ただあくまで、市民中心のイベント、私はゲストという形でしたので、

物語にはあまりかかわらない役目を頂戴し、いやそれでも台詞9つもらいました。

 同列に並ばせて頂くのはおこがましいんですが、

私の他にもゲスト文士として作家の高橋克彦先生、北上秋彦先生、IBC岩手放送の風見好栄アナウンサーが出演されておりまして、

出番を待つ楽屋ですとか食事会ですとか、非常に楽しく過ごさせていただきました。

 で、1月24、25日と本番ですわ。

3回の公演、お客さんも合わせて1800人入りましてな。昨年に続き“大成功”となったようでございます。


 え?えぇ、その成功に私は関わってませんよ、もちろん。


 因みに岩手はこういった活動が盛んでして、『盛岡文士劇』はチケットが入手しにくいくらいなんですと。

 参加してみてね、つくづく思いました。

     クセになりそうだわ、こりゃ。


 この『奥州市民文士劇』の模様、IBC岩手放送で2月8日(日)午後3時30分から放送!!もちろん、青森での放送は、



 …ないっス。


 なに?今までの内容に較べて今回だけ文章が違っている?

 はい、様々な関係者が係わっております。それなりに気を使っております。

(写真1)ゲスト文士カルテット 右から北上先生、高橋先生、風見アナ
(写真2)浮かれるおっさん
(写真3)これが舞台だ!












RSS


RingBlog ver.2.45h