アナログ
2010年 6月 23日 (水) 13:46


旅日記〜in Dilian〜2
by 斉藤 彩
大連への旅行では、都会的な街並みを楽しんできたのは勿論なんですが、色々と考えさせられる場所へも行ってきました。


それは、ロシアが作った三大永久要塞の一つ「東鶏冠山北堡塁(ひがしけいかんざんきたほるい)史跡」という歴史公園。大連市内から約1時間ほどの所にあります。

帝政ロシアが、日本軍の防御の為に建設した陣地で、日露戦争の激戦地だった所です。

石や、土砂、コンクリートなどで構築されている壁面には、無数の弾痕が生々しく残されていています。。。

当時の兵士たちは、どんな思いで、ここで過していたのでしょうか・・・。考えるだけで胸が詰まります…。

平和という言葉の重みを痛感した時間になりました。

【写真】
:入り口で。
:崩れた銃眼。細かい穴は弾痕。もっと激しく細かい弾痕の壁もありました。
:側防窖室の日本軍の爆破跡。












RSS


RingBlog ver.2.45h