アナログ
2010年 7月 7日 (水) 15:35


「なので」などといってる時点でアナウンサーとしての自覚が…
by 津田 禎

 今年の2月あたりから家にはネズ公が二匹いるんです。


まぁ、一般的に「じゃんがりあん?」というらしいですが。


ある日突然来たんですよ、うちに。

あ、正確には会社のロビーにですけど。呼ばれていったら、

エクササイズの天間さんがニッコリとネズ公手渡したんですよ。

一般的に「じゃんがりあん?」というらしいですが。


 そのあとは池田にいわれるままにホームセンターに連れてかれ、

「これ買って」

「あれ買って」

「それ買って」と言われるまま、

あれよあれよ…

気がつくと、家には3階建てのケージがあって、

夜な夜な回し車をカラカラ(控えめにいってます)させる音が…。

まったくネズ公って奴ァ。一般的に「じゃんがりあん?」というらし…。

 なにやら高知には「鍋焼きラーメン」というのがあるそうで。

ぬぁにぃ!?「鍋焼き…」といえば、

北国にこそ合う食べ物ではないのか??

と思い込みつつ、

 あ!!作ってみよ。

もちろん高知の「元祖」鍋焼きラーメンとは全くの別物。

 用意するもの…中華麺(生、札幌ラーメンのような太いのがよい)
        スープ モヤシ 玉ねぎ 豚挽き肉 大蒜 生姜

 お一人様用の土鍋にスープをはり、熱しておく

(味は醤油なり味噌なり塩なり好きにしとくんなはれ)。

 その間にモヤシ、玉ねぎ、ひき肉を一緒に炒め、塩胡椒で味付け

、大蒜、生姜で風味をつけておく。


 麺をゆでる。固めにゆでて湯切りし、鍋に投入、

その上に炒めたモヤシたちを乗せ、ぐらぐらにさせたらできあがり。

 どうですか、これからの季節に…、あ、もう夏やん。












RSS


RingBlog ver.2.45h