アナログ
2010年 7月 28日 (水) 20:01


ハバロフスクのお友達
by 加藤 由里子
先日、青森―ハバロフスク国際定期便が今年の夏も就航になったということで
10歳から17歳のロシアの小学生が青森テレビを見学に来ました!

この定期便ではハバロフスクから沢山のロシア人が青森に来たのですが、
私も連日対応させていただき、楽しく交流しました!
青森に来てよかったー!!と思いました。


青森テレビに遊びに来た子達は1グループはサッカーチームの
мальчикиマルチキ(少年たち)で、
すごく元気でかわいかったです。

本田は知っているか聞いたところ、
みんな知っていて、一部のマルチキは
日本語で「スキ!ダイスキ」といっていたそうです。
(私は聞き逃した…)

他の男の子も
「日本語勉強シテマス」って言っていたので、
どうやらハバロフスクでは日本語を教えているようですね!

もう1グループには
девочкиジエバチキ(女の子たち)もいたのですが、
ノートに「漢字を書いて」ってお願いされて
私の名前と女の子の名前をカタカナで書いたら
とっても喜んでくれました。

お礼にマグネットのお土産をくれました。

女の子もとってもかわいかったです。



私のロシア語はだいぶカタコトなのですが、
小学生も覚えていてくれたらいいなあと思います。

最後バスから手を振ってくれて嬉しかったです♪


写真はちょっと携帯の写真でちょっと見にくいですが、
集合写真!!
そしてお土産のマグネットと琥珀でデコレーションされた絵。

琥珀には悪いエネルギーを吸い取って、
良いエネルギーを与えてくれる力がある
と通訳の学生が教えてくれました。

Спасибо!スパシーバ(ありがとう)

みんな来年も来てくれるといいです♪












RSS


RingBlog ver.2.45h