アナログ
2010年 9月 16日 (木) 18:49


夏の思い出〜パート2〜
by 池田 麻美
<母と娘の“トコトン韓国 珍道中 パ〜ト2”>

2回目もまたグルメの話題でいきましょうかね〜♪
(実は、ほとんどグルメネタしかないけど…笑)

以前、“本当の”「トコトン韓国」の取材で食べて、
どうしても、どぉーーーしても、もう一度食べたかった食べ物がありました。

それが、
『安東(アンドン)チムタク』!!

「安東」という韓国中部の西側にある都市の有名な食べ物です。

ぶつ切りの鶏肉を、じゃがいも、にんじん、ニンニク、唐辛子などと一緒に
甘辛醤油風のタレで炒めた、鶏肉料理です。

トコトン韓国のディレクターから、
「安東チムタクのお店がソウル市内にもたくさんあるよ♪」と聞き、
絶対行かなければっ!とずっと前から楽しみにしていました。

少し前に、安東チムタクが韓国で流行して、
チェーン店などがたくさんできたみたいです。


いざ、ソウルに行き、地図を見ると、
有名な「明洞(ミョンドン)」エリアにも数軒のお店を発見!

地図を見ながら、これまた徒歩で向かいました。

ちょっと迷いながらテケテケ歩いていると、ついにお店を発見!!
これが、結構オシャレな感じのお店でビックリ!

店内には、韓国人のお客さんばかり。

日本語メニューはないので、それとなくチムタクを探し、
テキトーな韓国語で「このチムタク、2人分で♪」とオーダー。

指差したものが、チムタク以外にも何かセットになっているようだったので、
「イゴ、ムォエヨ?(これ、何ですか?)」と聞いたものの、
「△※Σ≠∞Δ>…(‥;)」答えが理解できず…(笑)

まぁ来てからのお楽しみでいいか♪ということで、
若干ドキドキしながら待ちました。

すると出てきたのは、チムタクと“おこげご飯”!

わぉ!おこげご飯だったのか!ま、韓国らしいから良しとしよう!
ということで、さっそく食べ始めると、

「おーーーーいしぃーーーーー!!!!!!!!!\(;▽;)/」

安東チムタクとの感動の再会に、食欲全開!!箸が進むーーー!!

あっという間に、結構な量の安東チムタクがなくなりました。

二人でお腹いっぱい食べて、日本円で1,000円ちょっとと、リーズナブル!

元気の出る味ですので、ぜひぜひお試しをー!!

<きょうの写真>
1.感動の再会!!
2.これがっ!!「安東チムタク」!
3.お腹いっぱいー(*~o~*)












RSS


RingBlog ver.2.45h