アナログ
2010年 11月 18日 (木) 18:19


闘魂
by 郷間 翔
今朝、朝ズバッでギネスについての特集が組まれていました。


毎年11月の第2木曜日は『ギネスの日』と定められているようです。もう過ぎてしまいましたが…。
今年のギネスと言えば、イチロー選手が10年連続200本安打を達成したことなどが挙げられますね。


ニュースでは他にもプロゴルファーの石川遼選手が15歳の史上最年少で日本ツアーを優勝したこと、一輪車で高速回転記録を持つスーパー女子高生も紹介されていました。



そして気になるギネスが…

それもズバリ…「同じ場所で一斉に乾杯をした人数」。



今年6月27日、神宮球場で2万7126人を集めビールで乾杯し、見事ギネス認定されました。
その先導役となったのが、あの、アントニオ猪木さんです。


「イチ」

「ニー」

「サン」

「カンパ〜イ」。


いつものかけ声とは少し違いましたが、 昨年12月31日にポルトガルのイベントで記録された2万6564人を見事塗り替えたそうです。


そのアントニオ猪木さんが、先月番組収録で青森テレビ本社に来てくださいました!

猪木さんは赤のタオルを巻いて、67歳とは思えない元気な姿でスタジオに入られました。身長190センチで分厚い胸元。最初は威圧感がありましたが、非常に気さくで優しい雰囲気の方でした。


闘魂注入されるにあたり、他部署も含め先輩方からは数日前から『おいしい』。『おいしいよ』と何回も言われました。しかし、注入をされたのは私と、営業部の先輩だけでした。

あまりにも頬にめりこんだため、ピンマイクに素晴らしい音が入っていました。

最後は笑顔で握手。
猪木さんから大切な思い出を頂くことができました。

猪木さんありがとうございました!

叩かれる前の写真です。必死に笑顔を出していましたが、この時の恐怖は半端なものではありませんでした。












RSS


RingBlog ver.2.45h