アナログ
2010年 11月 18日 (木) 18:19

闘魂
by 郷間 翔
今朝、朝ズバッでギネスについての特集が組まれていました。


毎年11月の第2木曜日は『ギネスの日』と定められているようです。もう過ぎてしまいましたが…。
今年のギネスと言えば、イチロー選手が10年連続200本安打を達成したことなどが挙げられますね。


ニュースでは他にもプロゴルファーの石川遼選手が15歳の史上最年少で日本ツアーを優勝したこと、一輪車で高速回転記録を持つスーパー女子高生も紹介されていました。



そして気になるギネスが…

それもズバリ…「同じ場所で一斉に乾杯をした人数」。



今年6月27日、神宮球場で2万7126人を集めビールで乾杯し、見事ギネス認定されました。
その先導役となったのが、あの、アントニオ猪木さんです。


「イチ」

「ニー」

「サン」

「カンパ〜イ」。


いつものかけ声とは少し違いましたが、 昨年12月31日にポルトガルのイベントで記録された2万6564人を見事塗り替えたそうです。


そのアントニオ猪木さんが、先月番組収録で青森テレビ本社に来てくださいました!

猪木さんは赤のタオルを巻いて、67歳とは思えない元気な姿でスタジオに入られました。身長190センチで分厚い胸元。最初は威圧感がありましたが、非常に気さくで優しい雰囲気の方でした。


闘魂注入されるにあたり、他部署も含め先輩方からは数日前から『おいしい』。『おいしいよ』と何回も言われました。しかし、注入をされたのは私と、営業部の先輩だけでした。

あまりにも頬にめりこんだため、ピンマイクに素晴らしい音が入っていました。

最後は笑顔で握手。
猪木さんから大切な思い出を頂くことができました。

猪木さんありがとうございました!

叩かれる前の写真です。必死に笑顔を出していましたが、この時の恐怖は半端なものではありませんでした。




2010年 11月 8日 (月) 10:08

大激戦の末
by 郷間 翔
高校ラグビー青森県大会決勝が先月24日、行われました。

花園常連校・青森北高校の6連覇を食い止め、青森工業高校が35年ぶりの優勝。花園初出場を飾る結末となりました。

私が青森工業高校サイドのリポーターを務させて頂くことになるであろうと分かった時から、取材も含め練習には度々見学させて頂きました。今回の大会を見て、他校も回り県内のラグビー事情をさらに理解していきたいという気持ちになりました。


決勝戦のスコアは22対17。ワントライ差です。3年生主体の青森工業が前半に15点リードで折り返し、後半は2年生主体の青森北の怒涛の攻撃で、みるみるうちに点差が縮まっていきました。


その後も自陣ゴールライン手前で守備ラインを引く青森工業。苦しい時間帯が続いていました。


もうやられてしまう。そう思える場面が何度も訪れました。それほど王者・青森北の迫力は凄いものがありました。しかし、青森工業の選手たちは最後まで守り抜きました。ゴールライン手前で、ラックからボールが出た瞬間のあの出足の激しさは、この試合で最後になってしまうかもしれない3年生の、勝ちへの執念を感じました。苦しい時間帯が長く続くも必死に耐えている姿を見て、涙を堪えきれませんでした。アナウンサーとして完全に失格です。ですが、溢れ出てくるものを止められませんでした。高校生ラガーマンから大事なものを学ばせてもらいました。


青森工業は後半終了間際にキャプテンのトライ。必死に耐える選手たちに、ラグビーの神様はご褒美を渡したように感じました。この試合は一生忘れることのできない試合になりました。この現場を見る事ができて幸せ者でした。



また今週末から新人戦が始まり、それぞれの高校にとっては新たなスタート。私も再び大鰐町まで行ってきました。

優勝は青森北高校。決勝の悔しさを振り切るかのようなスコア。
3試合で227点を奪いました。長年県内のラグビーを引っ張ってきた青森北が来年の秋に向けて好スタートを切りました。

写真は準決勝の組み合わせ。
青森北対八戸工業と三沢商業対八戸西です。




2010年 10月 19日 (火) 20:36

高校ラグビー
by 郷間 翔
昨年、入社前にお願いして観戦させて頂いた青森県高校ラグビーの決勝戦から1年が経ちました。時の流れが本当に早く感じます。青森北高校が5連覇を達成した試合でした。


私の地元にある熊谷ラグビー場では、高校生や大学生のラグビーの試合が頻繁に行われています。昨年、私はそこによく通い、ラグビーは力だけではないということを知りました。


とある大学で、身長が152センチ、体重50キロのスクラムハーフの選手が大柄な選手を振り切り、パスをつなぎ、軽快な動きを見せていていました。それが、自分にとっては衝撃的な光景でした。ラグビーには色々な個性があるのですね。


高校生達が自分の長所を存分に生かして、今月22日と24日に第90回全国高校ラグビー青森県大会の準決勝・決勝戦が行われます。ついに、花園行きが決まります。

勝ち残ったのは青森北、三本木農業、青森工業、青森山田の4校です。


先月下旬ごろから、先輩の小川さんと一緒に、各高校を取材して回らせて頂いています。


先日は、今年春の高校総体決勝で青森北を破り、悲願の優勝を果たした青森工業高校にお邪魔させて頂きました。選手達は大会前ということもあり、真剣な表情で練習に取り組んでいました。


青森工業高校のOBには、関東の強豪大学で活躍する選手も多数います。

今年の夏には日本代表の選手が母校の練習に参加し、選手達に指導をしていました。また、グラウンドのスクラムマシーンもOB関係者の方が手作りで提供されたということです。近年急激に力をつけてきた高校の裏側には、監督のみならずOBの献身的な支えもあったにちがいありません。


大会が終われば3年生は離ればなれになり、県外に出て行く人もいます。強い信頼感で結ばれている3年生達にとっては最後の舞台です。結果はどうであれ、精一杯頑張って欲しいです。私もリポーターをしっかりと頑張りたいと思います。


ニュースワイドでは、今日と明日の2日間にわたって、ラグビーベスト4に勝ち進んだ各高校の紹介が行われます。ぜひご覧下さい!

そして今週金曜日と日曜日は、県総合運動公園陸上競技場まで足を運びましょう!




2010年 10月 2日 (土) 15:34

青森めぐり(2)
by 郷間 翔
入社して半年が経過しました!

この半年間、仕事に限らず23年間体験したこのない色々な出来事があり、日々勉強させて頂きました!最近休日はというと、特に奥入瀬渓流をドライブして青森を堪能しています。


道中にある酸ヶ湯温泉付近の真っ黄色になった紅葉を見ると、秋になったのだなと実感しています。厳しかった残暑が嘘のようです!


大学時代ほとんど旅行せず実家付近に籠もっていた私でしたが、3年前、唯一旅行した場所が青森県でした。その時見た奥入瀬渓流の雲井の滝。4年経過して見ると、また違って見えます。

正直なところ、当時は滝の前にあった大木に頭をぶつけたくらいしか思い出はなかったのですが、この前見た時には滝のしぶきを体全体で感じたり、周りの緑が綺麗に見えたり、澄んだ空気に癒されたりと色々感じました。

国道103号(観光通り)を真っ直ぐ突き進んで出会う『ブナのトンネル』は実家の埼玉では絶対味わえません!


もう一つの絶景は萱野高原付近です。

十和田八幡平国立公園の看板を通過して間もなく、眼前に広がる大パノラマは圧巻です。その刹那、ある話が脳裏によぎりました。



甲子園を湧かせた優勝投手で、元プロ野球選手の有名な方が2年前大学で講演をしてくださった話です。

その方は入団後、周囲の期待に反して活躍することができず、結果も出せず悶々としていました。そんな中、キャンプに合流するため、コーチにアメリカまで連れて行かれたそうです。

目にしたものは雄大なグランドキャニオン。

そして『巨大な断崖絶壁の自然を前に自分の存在の小ささ』に気づき、なぜ今までこんな小さな事に悩んでいたのだろうという考えに辿り着き、その後一心不乱に練習に打ち込まれたそうです。


私はかつて知り合いから、悩みのデパートと言われたことがあります。仕事への不安は尽きませんが、自然をみるといろいろなもの忘れさせてくれます。あと一ヶ月ほどで雪が降ってくるので、今のうちに目に焼き付けておきたいと思います。

次回は、間もなく大詰めを迎える高校ラグビーについて日記を書きたいと思います。高校生の頑張りを見るといつも自分も気持ちが引き締まります!高校3年間の思いをぶつけて欲しいです!


写真は展望所からの岩木山です。隣で撮影されていたカメラマンに、デジタルカメラで必死に対抗しました。




2010年 9月 6日 (月) 08:18

恐怖体験
by 郷間 翔
9月に入りました!暑くて参りそうです…。


青森の夏はクーラーは数回で足りると聞いていましたが、自宅アパートではフル回転です。

ニュースで流れていましたが、今年8月の平均気温が、過去113年間で最高ということです。

青森市内は、あと今週も30度を超えるそうですね。


先日津田さんからお借りした雑学本に…『タイやインドで辛いカレー料理が好まれる理由』について書かれてありました。

辛いものを食べると、食欲が増進することはよく耳にします。辛いものを食べることで、人は8倍の唾液が出るそうです。唾液がたくさん出れば、消化が促され、胃や腸の負担軽減につながるそうです。暑くて食欲がなくなりそうな国では、辛い食品はやっぱり大事なのですね。

季節は違いますが、私も5月ころ、市内のラーメン屋で辛いつけ麺ににどっぷりハマってしまい、週3日ほど通っていましたが、間もなくして肌荒れしたので断念しました。
ほどほどが良いかと思われます。


話は変わりますが最近、恐怖体験をしました。


定時ニュースを読むために、いつも通り、本番10分前にアナウンスブースに入りその時を待っていました。


下読みをして準備万端!気合いを入れました。


しかし、手元を見ると…原稿ではなくて、細かい文字が羅列されてある論文が置かれていました。


その刹那、恐怖のあまり血の気が引きました。
言葉はもう出ません。


扉をドンドンと叩く音。本番が始まります。
それと同時に目が覚めました。夢でした…。


アナログ時計を見ると夜中の3時頃。

アナウンサーの仕事は、夢の中においては、最も恐怖を感じる職業(?)であることも身をもって体験した最近でした。




2010年 8月 15日 (日) 13:30

青森めぐり
by 郷間 翔
8月も中旬。暑さも幾分か和らいできたような気もします。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?私の出身は猛暑の常連・埼玉県です。熊谷と聞けばピンとくる方もいらっしゃると思います。

今年からは青森で涼しくて快適な夏を過ごせると思っていました。

しかし、今年の青森は厳しい暑さになりましたね。



先日、報道取材に同行させて頂きました。その日も日中は30度を超えていました。車で市内を移動し、収録を終えて車に戻ると気分が悪くなってしまいました。

水分はこまめに取っていたのですが、熱中症かもしれない・・・。


そう思い、車の中で少し休ませて頂きました。少し臆病な性格なため、最悪の事態など頭をよぎりました。しかし、体を休ませながら会社に帰って30分ほどすると、すっかり元気になりました。熱中症ではなく車酔いでした。

私のように神経質になり過ぎる必要はありませんが、残暑もありますので、熱中症には十分ご注意ください。



先日、大学時代の友人が青森まで遊びに来てくれました。
車で萱野高原→酸ヶ湯温泉→城ヶ倉大橋→八甲田ロープウェーと観光しました。

初めて行く酸ヶ湯温泉の千人風呂は開放感のある場所でした。そして、ねぶた期間中ということもあり、多くの観光客が訪れていました。300年前に開かれた山の温泉。野生の鹿が入浴していたことから『鹿の湯』→『すかゆ』になったそうです。


目に入るとかなりしみるほどの少し強めの温泉ですが、効能はバッチリだと思います。是非また行きたいです。


八甲田の頂上からは、深い霧で下界が見えませんでしたが、空気が非常に澄んでいてリフレッシュできました。頂上の空気は自宅まで何かに入れて持って帰りたかったほどです。また季節が変われば違った表情を見せるのかもしれません。

ps写真も沢山とれて大満足な一日でした。
写真左上…酸ヶ湯温泉の建物 右上…八甲田の頂上
左下…城ヶ倉大橋からの眺め 右下…萱野高原で長生きのお茶




2010年 8月 2日 (月) 20:53

ねぶた祭開幕
by 郷間 翔
青森での生活も4ヶ月目に入ります。
ねぶた祭りの時期になってしまいました。

最近一人暮らしに余裕を見せていた矢先、自宅アパートのパソコンのインターネットが停止。さらに追い打ちを掛けるように、緊急・水道停止勧告書まで届きました。まだまだ一人で生活する力はないようです…。

会社から帰ってくると、毎日のようにアパートのポストにチラシ、封筒などがぎゅうぎゅうに詰め込まれています。

沢山あるのと疲労により一つ一つを確認することを怠ってしまいがちです。その結果こうなりました。宅配物はうまく隙間を縫って押し込まれており、最近ポストの扉が少しゆるんでしまっています。本当に勘弁して欲しいです。

一人暮らしを始めてから、通っているクリーニング屋さんで、近くの幼稚園の園児が折り紙で作った金魚ねぶたを頂きました。可愛らしい形をしていて、アパートに飾っています。

しかしなぜ、金魚なのか・・・。疑問に残っていたので、アスパムのラッセランドまで行ってガイドの方に話を聞きました。


江戸時代に津軽藩が重宝していた「津軽錦」という金魚を『幸せを呼ぶ魚』としていたそうです。昔は金魚は高級品だったので、なかなか手に入らず、飾りを各家庭に配ったそうです。駅前の通りにも飾ってありますよね。


ラッセランドの夜は、ライトアップされたねぶたがずらりと並んでいます。スケールの大きさに言葉を失います。これで盛り上がらないわけがないですよね。ねぶた本体の前で、ブルーシートをひいて宴会をされていたねぶた制作者の皆さん。無事完成し、本番当日を迎える喜びで、顔が満面の笑みでした。本当にお疲れ様でした!


ps写真の中で一際青白く輝いているねぶたにはLED電球が使われています。ねぶたは祭りが終わると電球も含め全て解体されてしまいますが、LED電球は再利用されるということです。省エネ・明るい・長時間持続。文句なしですね!




2010年 7月 9日 (金) 19:46

原点回帰
by 郷間 翔
先日、アナウンス部が利用する化粧室で雑用をしていた時のこと。
一通り終えて部屋から出ると、他部署の先輩から「3人と話をしていなかったか!?」と言われました。

私は何が起きたのか、その場の状況を飲み込めていませんでした。
部屋には間違いなく一人しかいなかったですし・・・。


辿り着いた結論は・・・自分の独り言でした。


つい最近まで、『呟いている』と自覚できるまでになっていました。
色々考え事をしていると呟いてしまう癖があります。自分の独り言は3人分の会話を感じさせるほど酷かったのです。それ以来必死に自制しています。


先週、大学時代の友人と秋田県で野球観戦をしました。


秋田市内にある、こまちスタジアムでプロ野球のヤクルト対中日の試合観戦です。お互いヤクルトファンということもあり、久しぶりの観戦にワクワクしていました!

私は大学時代、放送サークルに所属していました。毎週のように土日は、球場に足を運んで、東京六大学野球を見てきました。東京六大学野球は、ハンカチ王子で有名になった斎藤佑樹選手が活躍しているリーグです。

野球好きなメンバー数名で、球場バックネット裏で試合を見ながら、野球実況の練習をする。そんな日々が今となっては懐かしい思い出です。


私もアナウンサーに目指すきっかけとなった理由の一つは、現在、東京ヤクルトスワローズで活躍している選手が、大学時代に奮闘している姿を見たからです。こまちスタジアムで、久しぶりにその選手がバッターボックスに立つ姿を見て、原点に戻れた気がしました。


その選手との出会いがなければ、また違った職業に就いていたのかもしれないと思うと、人との出会いは人生を変えるものだと切に感じます。

そのような思い出に浸りながらの今回の秋田での観戦。

我慢できず口ずさんでしまいました!

久しぶりの野球観戦、そして独り言を自制していたこともあってか、次から次に溢れ出てきて、言い切ったときは気持ちもスッキリしました。完全な自己満足です。

試合もヤクルトが逆転勝利!最高の休日になりました。

なんと、試合後にはグラウンドが開放され、観客がピッチで遊べるようになりました。これは初体験です!カラーボールも無料配布され、ところどころで親子がキャッチボールを楽しんでいる姿がありました。

青森県内でも11日から、高校野球の予選が始まりますね!各高校3年間の思いをぶつけてほしいです!私も時間の許す限り球場に足を運びたいです。

イベントが特に多い来月はアナウンス部の先輩方が多忙のため、平日は朝・昼・夜のどこかで、ほとんど毎日、私がATVニュースを担当させていただくことになりました。しっかりと視聴者の皆様に伝わるように日々、自分を磨いていきたいと思います!


ps始球式を務めたのは、踊る大捜査線のあの方でした。




2010年 6月 18日 (金) 16:55

ブルー
by 郷間 翔
北東北地方もついに梅雨入りが発表されましたね。

通勤の時に楽しみにしている青空が見られないと思うと残念です。早く明けてほしいと願うばかりです!

私は6月に入ってから、月曜日の夜の天気予報と、水曜日または木曜日の朝ニュースを読ませて頂いております!

先輩の斉藤さん、池田さんがブログで色々と書いて下さいました。不安な日々が続いていたので、前向きになることができました。ありがとうございました!

1分17秒という短い時間ではありますが、全神経を集中させています。
毎回「時間内に伝えきれなかったらどうしよう」と、時間に恐怖を感じています。時間には神経質にならないといけないのですが、それ以外にも、原稿の内容を伝わるように伝える、アクセントを間違えないなど注意するところが沢山あり、本当に大変です。

4月に入社してからもう2ヶ月半。
無我夢中で駆け抜けてきましたが、あっという間に過ぎた時間の早さに驚いています。


そうして時間が過ぎていく中、4年に一度の祭典。
私が楽しみにしていたサッカーワールドカップが開幕しました!

以前の日記にも書かせて頂きましたが、高校時代までサッカー部だったこともあり、サッカーを見るのは大好きです。



皆さん14日の夜は盛り上がったのではないでしょうか??


自宅アパートで観戦していた私は、声を出すまい出すまいと念仏のように唱えていましたが、本田選手のゴールシーンは、やむを得ず声を出してしまいました。


14日は勿論なのですが、私は前日にテレビを見ていて、胸が熱くなる出来事がありました。とあるテレビ局の先輩アナウンサーの言葉に感動したのです!

カメルーン戦前日の試合会場前のリポート。

現地の情報を色々伝えたあと最後に…

『空を見てください。澄み切った青空、ジャパンブルーが広がっています。頑張れニッポン!』

空を写したカメラのアングルもありましたが、十数秒の言葉で、私は胸が熱くなりました。

そして、正直持てていなかった日本代表にその言葉で希望を抱くことができました。言葉の力って凄いですね・・・。

日本代表、予選突破へ向けて頑張ってほしいです!

私もこれからも一生懸命頑張ります!

ps写真は実家の埼玉の写真です。たしか台風が通り過ぎ去った後に撮ったと記憶しています。青森の空に負けないくらい綺麗ですよね。




2010年 6月 7日 (月) 21:23

スタートライン
by 郷間 翔
先日、市内の理容室で、長くなった髪の毛を切ってまいりました。

少しだけ短くして下さいと、担当の方に伝えると、迷いのない散髪。

およそ1時間後、高校時代以来のスポーツ刈りになっていました。

私は小中高と10年間、サッカー部に所属していました。
当時はスポーツ刈りだったので、嫌いではありません。非常にスッキリしていますし、毎日を必死に生きていたサッカー時代を思い出し 、気持ちも引き締まります。

ただ、一つだけ気になったことが・・・。


それは、顔を剃って頂いていたときのことです。


肌にぐっぐっと、かみそりが食い込んできました。
何かがおかしいと思っていました。

担当の方が、横峯さくら選手がお好きだったようで、女子ゴルフを、横峰さくら選手の16番PAR3第3打を見ながら、顔を剃っていました。


肌が削れる感覚。本当に恐怖でした。



横峯選手の放ったパットが、カップのふちを通過してボギーになっていたら、担当の方が大きなリアクションをとっていたら、私は今頃どうなっていたのでしょうか・・・。顔のことをどうこう言っていられる状況ではなかったかもしれません。



少しヒヤヒヤした散髪でした。


そんな、髪の毛を切って心機一転した私は、先週月曜日に、初めて夜天気の番組に出させて頂きました。


声が電波に乗り、無事に伝えきることができました。達成感に溢れていた帰宅途中、損壊している自転車をこぎながら、これまでお世話になってきた色々な方々の顔が浮かびました。

シロウオ中継や、べじたぼー日記の収録には参加させて頂きましたが、夜天気でアナウンスすることが、『デビューをした!』という気持ちにさせてくれます。

私は色々な方々に支えられて、スタートラインにたてたのだということを強く実感し、帰宅してからも色々とこみ上げてくるものがありました。 本当にありがとうございました。


これまで色々訓練をしてきました。そんな中、発声や滑舌は勿論ですが、『時間の管理』にこれほど苦しむとは思っていませんでした。会社ではストップウォッチと毎日にらめっこしています。

ニュースや天気は生放送で、失敗の許されない一発勝負。

覆水盆にかえらず。
一度間違った言葉を発してしまったら取り返しがつきません。

研修中も川口部長から「アナウンサーの放った言葉は消しゴムがきかない」と教えて頂いたことが、今でも心に残っています。

言葉を大事に、これからも目の前の仕事に前向きに取り組んでいきたいです!


ps写真は会社で用いているストップウォッチです。時間に苦しむ私は機能性抜群のストップウォッチを川口部長からお借りしました。名前の大きさを間違えて若干うるさくなっています。










RSS


RingBlog ver.2.45h