ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

放送番組の種別

2018年4月〜2018年9月 放送番組の種別報告

PDFファイルを閲覧するには、「AddobeR ReaderR」が必要です。
最新バージョンはコチラからダウンロードすることが出来ます。

番組審議会

審 議 員
(10名)
委員長 ・橋本 都
副委員長 ・木村 和彦
委  員 ・井沢 厚・岡本 潤子・菊池 幹・齋藤 光春
・福士 大二・蒔苗 正子・三上 知見
(あいうえお順)
開催日    8月、12月を除く毎月第4火曜日
場 所    青森テレビ 本社会議室
第34期453回青森テレビ放送番組審議会
開催日時 平成31年4月23日(火)
場  所 青森テレビ 本社会議室

審 議 内 容

第34期第453回青森テレビ放送番組審議会は、2019年4月23日(火)本社会議室で開催されました。

●議案審議
(1)5月放送の特別番組について
(2)視聴番組の合評
・番 組 名  「未来を拓く『あおもり藍』のチカラ Vol.3〜公開!驚きの研究成果〜」
・放送日時   3月30日(土)13:00〜13:30
(3)その他

今回審議頂いた番組は、3月30日に放送した「未来を拓く『あおもり藍』のチカラ Vol.3〜公開!驚きの研究成果〜」です。


視聴のあと、各審議委員からは次のような質問、意見、感想などが出されました。


※無限の可能性を秘めている「あおもり藍」。地元に埋もれているその宝を地元メディアが取り上げるのは、メディアの使命を果たしている


※難しい話題を分かりやすく伝えたいという制作意図が理解できた。取捨選択し、1つの内容をもっと深く掘り下げても良かったのでは


※番組構成が良い。あおもり藍が、医療、農業、漁業など全ての産業に可能性があるということが分かり、番組タイトルとも合っていた


※見ごたえがあった。専門家の話をグラフや図で表示するなど、工夫が見られ分かりやすい


※難しい内容に苦心した点も多々見られたが、言葉の流れやバラエティではない内容に意義を感じる


※すんなり見られた。青森市出身の役者が、視聴者と同じ視点で番組を進行するので、専門家の話も堅苦しくなくて良い


※多くの成果が期待できる一方、あおもり藍を育てる上での苦労もあるはず。次回に期待したい。


☆今回の番組審議会の模様は、4月27日(土)09:25〜09:30「番組審議会からの報告」の中で概要を放送。

☆次回の番組審議会は平成31年5月28日(火)の予定

ページトップに戻る