ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

放送番組の種別

2016年10月〜2017年3月 放送番組の種別報告

PDFファイルを閲覧するには、「AddobeR ReaderR」が必要です。
最新バージョンはコチラからダウンロードすることが出来ます。

番組審議会

審 議 員
(10名)
委員長 ・松森 永祐
副委員長 ・橋本 都
委  員 ・岡本 潤子・小森 俊英・佐藤 敏秀・福士 大二
・蒔苗 正子・三上 知見・村上義千代・吉田 晃 
(あいうえお順)
開催日    8月、12月を除く毎月第4火曜日
場 所    青森テレビ 本社会議室
第33期434回青森テレビ放送番組審議会
開催日時 平成29年5月23日(火)
場  所 青森テレビ 本社会議室

審 議 内 容

 第33期第434回青森テレビ放送番組審議会は、平成29年5月23日(火)本社会議室で
開催されました。

●議案審議
(1)6月放送の特別番組について
(2)視聴番組の合評
・番 組 名 「わっち!!番外編 農music農life  Takuron傑作選!」
・放送日時  2016年12月27日(火)16:30〜17:24

 今回審議頂いた番組は、2016年12月27日の火曜日午後4時30分から放送した「わっ
ち!!番外編 農music農life  Takuron傑作選!」です。
 「わっち!!」毎週水曜日OA中「農music農life」コーナーを再編集した特別番
組。
 米農家で音楽家のTakuronが県内の農業、漁業に関わる方を訪ね、生産者の
思いや青森県の農水産物の魅力を紹介するコーナーをおよそ60回のロケの中から特に
印象に残った回をまとめました。

 視聴のあと、各審議委員からは次のような質問、意見、感想などが出されました。

※農業をわかりやすく楽しく伝えていた。
 タクロンさんの基本的なプロフィール紹介がほしい。
※リポーターのキャラクターが素晴らしい。生産者の農業にかける思いが強くこうし
 た方々をよく見つけてきたという感想。
※「わっち!!」の中で楽しみなコーナーのひとつ。紹介された生産者の方たちの農
 業に対するこだわりに感動し、農業の可能性を感じた。
※メロンの試食など、食べる音までしっかり生かされていて良かった。
 次回またこうした特番を企画してほしい。
※タクロンさんの試食シーンは好感が持てる。青森でこんな食材も作られているとい
 うことを初めて知った。
※農家の方たちとタクロンさんとのやりとりから、農業への敬意・希望、農業は素晴
 らしいということが伝わった。タクロンさんの楽曲には曲名のテロップがほしい。
※自身が農家というタクロンさんだからこそ、生産者が構えることなく自分の思いを
 話している。青森には素晴らしい食材があることがよくわかった。
※農業の新しい知識も得られ、飽きることなく楽しく視聴した。
 一次産業従事者の思いが語られ、ディレクターの意図がしっかり出た作品。

☆今回の番組審議会の模様は、平成29年5月27日(土)
 09:25〜09:30の「番組審議会からの報告」の中で概要を放送。

☆次回の番組審議会は平成29年6月27日(火)の予定

ページトップに戻る