ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

放送番組の種別

2019年10月〜2020年3月 放送番組の種別報告

PDFファイルを閲覧するには、「AddobeR ReaderR」が必要です。
最新バージョンはコチラからダウンロードすることが出来ます。

番組審議会

審 議 員
(9名)
委員長 ・橋本 都
副委員長 ・木村 和彦
委  員 ・岩渕 伸一・岡本 潤子・越智 徹二
・白取 心平・福士 大二・蒔苗 正子
・三上 知見
(あいうえお順)
開催日   8月、12月を除く毎月第4火曜日
場 所   青森テレビ5階会議室
第35期466回青森テレビ放送番組審議会
開催日時 2020年7月28日
場  所 青森テレビ5階会議室

審 議 内 容

第35期第466回青森テレビ放送番組審議会は、2020年7月28日(火)本社会議室で開催されました。

●議案審議
(1)8月放送の特別番組について
(2)視聴番組の合評
・番 組 名  シリーズ「ふるさと歴史館」
      (毎週月〜金曜日18:15〜18:56「わっち!!ニュース」)
・放 送 日  2018年10月16日(火)、2019年9月25日(水)、2020年4月15日(水)放送分
(3)その他

今回審議頂いた番組は、「わっち!!ニュース」で月一回程度放送しているシリーズ「ふるさと歴史館」で過去に放送した「米軍三沢基地の光と影」、「1960年代・70年代の青森ねぶた祭」、「昭和の子供の暮らし」の3本です。


視聴のあと、各審議委員からは次のような質問、意見、感想などが出されました。


※テーマに沿った登場人物を1人選び、当時を振り返ることに共感がもてる。人物を変えた構成でも見てみたい。


※懐かしさを感じるいい番組。字幕に気を配る点も良かった。


※昔のねぶたに見る魅力が、今後の新しい生活様式の中で開催されるねぶた祭のヒントになるのではと感じる。


※各テーマに沿った関係者をどのようにして見つけたのかが興味深い。難しい言葉を字幕でフォローするなど、字幕の重要さを感じた


※忘れてはいけない歴史だからこそ、1つのテーマでも構成を変え繰り返し放送することが重要だと思う


※国策に翻弄された青森県の歴史を次世代に伝えることができる内容で、有意義のある番組。


※市民が撮った写真や地元の方が語る言葉だからこそ、気持ちや思いが伝わり懐かしく思った。


☆今回の番組審議会の模様は、8月8日(土)09:25〜09:30「番組審議会からの報告」の中で概要を放送。

☆次回の番組審議会は2020年9月29日(火)の予定

ページトップに戻る