ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

放送番組の種別

2015年4月〜2015年9月 放送番組の種別報告

PDFファイルを閲覧するには、「AddobeR ReaderR」が必要です。
最新バージョンはコチラからダウンロードすることが出来ます。

番組審議会

審 議 員
(10名)
委員長 ・松森 永祐
副委員長 ・橋本 都
委  員 ・岡本 潤子・小森 俊英・佐藤 敏秀・福士 大二
・蒔苗 正子・三上 知見・村上義千代・吉田 晃 
(あいうえお順)
開催日    8月、12月を除く毎月第4火曜日
場 所    青森テレビ 本社会議室
第33期430回青森テレビ放送番組審議会
開催日時 平成29年1月24日(火)
場  所 青森テレビ 本社会議室

審 議 内 容

 第33期第430回青森テレビ放送番組審議会は、平成29年1月24日(火)本社会議室で
開催されました。

●議案審議
(1)2月放送の特別番組について
(2)視聴番組の合評
・番 組 名 「乙女の像への追憶〜十和田国立公園指定80周年記念〜」
・放送日時  2016年12月29日(木) 16:55〜17:25

 今回審議頂いた番組は、2016年12月29日の木曜日午後4時55分から放送した「乙女
の像への追憶〜十和田国立公園指定80周年記念〜」です。
 この番組は、十和田国立公園指定から80年。乙女の像は、どのような経緯で高村
光太郎に依頼され、なぜあの造形になったのか? 乙女の像に秘められた物語を紐解
きます。

 視聴のあと、各審議委員からは次のような質問、意見、感想などが出されました。

※十和田国立公園80周年記念にふさわしい番組だった。
 解説、ナレーション、詩の朗読が映像とマッチしていた。
 歴史を語る内容だったが、今の子どもたちとのつながりも見えてよかった。
※視聴者にわかりやすい構成。
 初めて知ったことも多く、とても勉強になった。
 高村光太郎が像の製作に指名された決め手がわかりにくかった。
 またロケ日の天候が悪いことも残念。
※乙女の像と十和田湖の関わりや、先人の人となりが理解できた。
※制作者がよく調べ、自信を持って解説しているのが伝わった。
 ナレーションも良かった。
※「十和田の三恩人」についてよくわかった。
 かつての映像を使用しているのもよかった。
※歴史を紐解きながら、たくさんの人にインタビューしていた。
 真面目で丁寧な番組だが、欲を言えば多少楽しめる部分があってもよかった。
※よく調べてまとめ、魅力的に作り上げた番組だった。
 こうした番組を通して、十和田湖を訪れる人も増えるのではないだろうか。

☆今回の番組審議会の模様は、平成29年1月28日(土)
 09:25〜09:30の「番組審議会からの報告」の中で概要を放送。

☆次回の番組審議会は平成29年2月28日(火)の予定

ページトップに戻る