ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

バックナンバー

わっち!! - のぞいて!バックナンバー

きらり★逸品 縫い目のないリネンストール
2018/9/18

今回の“キラリ逸品”は鶴田町在住のハンドメード作家が作っているリネン・麻のストールを佐藤香アナウンサーが取材。
麻の一種であるリネンは綿などに比べ少しザラザラとした硬い手触りとシワになりやすいのが特徴。その素材を生かしたストールやトップスなどを製作している岡詩子さんは今年1月、鶴田町の空き家を改修した店舗兼アトリエをオープン。
20歳のときリネンに出会い、自らのファッションブランドを立ち上げた。岡さんの作るストールは縫い目の見えない独自製法で、リネンの風合いを壊さないハンドメード。生地をたっぷり使ったボリューム感のあるストールは保湿性もあり一年中使える優れものリネンに魅せられた岡さんのこだわりの逸品。  
 
※お問い合わせ 
アトリエKOMO/UTAKOOKA  青森県鶴田町大字鶴田字前田10-6
   https://komo.stores.jp

        
 
わちぺでぃあ「カフェ+α」
2018/9/6

今回のわちぺでぃあでは、コーヒーを飲むだけではなく、+α何か工夫をこらしたカフェを調査。佐藤香アナウンサーが取材。
◆十和田市の「14-54カフェ」
 オープンスペース14-54の中にあるカフェ。
 オープンスペースは誰もがふらっと立ち寄れる場所。卓球にワークショップ、イベントと地域コミュニティができる場となっています。

14-54Cafe
住所;〒034-0011
   十和田市稲生町14-54
電話;0176-78-9154
時間;火〜日 8:30〜17:30
   月   休み

◆三沢市にある能面作家の井上京香さんが店主の「ギャラリー氈鹿(あお)」。日本伝統を間近に感じながらコーヒーを楽しめる場所です。

ギャラリー氈鹿(あお)
住所;〒033-0001 
   三沢市中央町3丁目1-17
電話;0176-57-0275

 
キラリ☆逸品 〜一度は食べてみたい高級りんご食パン〜
2018/9/4

今回の“キラリ逸品”は、青森市浜田にあるパン店で9月から予約を開始している高級食パンを池田麻美アナウンサーが取材。
このパン店で今力を入れているのは、国内生産量日本一を誇る県産リンゴをリンゴを使った食パン。
もっと県外の方にリンゴのおいしさを知ってもらいたいという思いから考案。食パン1本(1、5斤)にリンゴ6個分を贅沢に使っていて、普通の食パンよりもずっしり重いのが特徴。
食材のリンゴは主にふじ。岩木山麓のリンゴ農家から仕入れている。そのリンゴをオーブンで焼き、ソフトドライリンゴにして生地に練り込んでいる。作っているのは店長の加藤洋平さん(38)。
パン職人歴17年のベテランだが、この高級食パンの完成に半年間
試行錯誤を繰り返したという。どこを切っても顔を出す「ずっしり
贅沢りんご食パン」は、リンゴの自然の甘さと程よい酸味そして
やわらかな食感がと食パンとは思えないおいしさ。一度は食べてみたい贅沢な逸品。

  

        
 
わちぺでぃあ「凍らせるとおいしいもの」
2018/8/23

季節は秋に近づきながらも、まだ暑さが残る今日この頃。
手軽に涼しくなれる、「凍らせるとおいしいもの」を調査!
街の声をもとに、全20品目を試しました。
「おいしい」か「微妙」か判定してくれたのは、青森山田高校調理科の皆さん。

【試した食材】
ヨーグルト、豆乳、カステラ、クリームパン、みたらし団子、ようかん、納豆、ホヤ、
グミ、プリン、クリームチーズ、アボカド、乳酸菌飲料、漬け物、ポテチ、さきいか、
わらび餅、コロッケ、干し芋、クッキー(全20品目)

【結果】
トップ3はプリン、ようかん、クリームパン
最も不評だったのはコロッケでした。冷凍コロッケですもんね…

        
 
きらり★逸品 奥入瀬はちみつの優しいかすてら
2018/8/21

今回の“キラリ逸品”は、十和田市焼山にあるホテルのスイーツを五月女舞香アナウンサーが取材。
7年前にオープンした奥入瀬渓流にほど近い場所にあるホテル。その中にあるスイーツ工房で一番人気は「奥入瀬はちみつの優しいカステラ」。多いときで1日500個も売れるという名物カステラをパティシエがまごころ込めて作っている。
食材は地元にこだわっていて焼山で採れた上品な甘さのアカシアの
ハチミツとおいらせ町の地卵を使用。丸いココット皿に入っているのはホテル内のラウンジで雄大な景色を見ながら味わうことができる。一見普通のカステラのようだが中は生カステラとバニラプディングのハーモニーになっていてとろける食感。やわらかいためスプーンでいただく。
手作りの甘く魅力的な香りがホテルのラウンジまでただよっていて、食欲がそそられる。お土産用も販売している。
ふわっふわでとろっとろのやさしい食感に心までいやされてしまう逸品。


※お問い合わせ 
   奥入瀬 森のホテル 森の中のスイーツ工房
  十和田市大字法量字焼山36-20  TEL:0176-70-5000

        
 

ページトップに戻る