ATV青森テレビ

  • HOME
  • テレビ番組
  • ニュース・天気
  • アナウンサー
  • イベント&プレゼント
  • じん子六丁目

県内ニュース

天気予報
全国ニュース全国ニュース
スギ花粉の飛散開始は3月上旬
(23日12:20)
動画を再生

県花粉情報研究会によりますと、県内では今シーズン暖冬傾向が続いたことから、すでにむつ市と八戸市でスギ花粉の飛散が観測された他、弘前市でも飛散する気象条件を満たしています。このため、県内でスギ花粉の飛散が始まるのは来月上旬、飛散のピークは来月下旬から4月上旬となる見込みです。また、予測される花粉の飛散数は青森・弘前・むつ市で平年を下回りますが、八戸と五所川原市では大きく上回り、地域差が出そうです。

 
インフルエンザ引き続き警戒
(23日12:20)
動画を再生

県によりますと、今月13日からの1週間で、県内65の定点医療機関で確認されたインフルエンザの患者数は1502人で、前の週から460人減りました。しかし、東地方・青森市、五所川原、上十三、むつの4つの保健所管内には警報が、残る2つの保健所管内にも注意報が継続して出されています。すべての保健所管内で患者数は減少していますが、県は引き続き、外出後の手洗いやマスクの着用などを予防対策を徹底するよう呼びかけています。

 
2月定例県議会が開会
(22日19:40)
動画を再生

2月定例県議会では、会期を来月22日までの29日間と決めたあと、三村知事が来年度当初予算案など50の議案を提案しました。来年度予算案は、今年度より124億円少ない6846億円の緊縮財政となりましたが、27年ぶりに基金からの取り崩しをゼロとし、収支均衡を目指しています。また県政の最重要課題としている人口減少問題について三村知事は、472の事業に248億円の予算を計上し若者の県内への移住促進や農林水産業の振興、それに国際便の誘致などに力を入れる考えを示しました。2月定例県議会は来月1日から一般質問が始まり、17人の議員が県の考えを質します。

 
新型インフルエンザ対応訓練
(22日19:40)
動画を再生

むつ市のむつ総合病院で行われた訓練は、県が2013年に行動計画を策定してから3回目となるものです。きょうの訓練は、新型インフルエンザが発生した国から帰国したむつ市の男性が、発熱など感染が疑われる症状を訴えているという想定で行われました。保健所から連絡を受けた感染対策室では、診療チームが窓越しに患者と接した上で、医師や看護師が防護服を着て診療し、ウイルスの検体が輸送班に手渡されました。新型インフルエンザはほとんどの人が免疫を持たないため、急速に広い範囲で感染が広がる恐れがあることから、県では今後も各地域で訓練を行うことにしています。

 
児童が雪室リンゴの掘り出し体験
(22日19:40)
動画を再生

鶴田町妙堂崎の中野光彦さんの雪室で行われた掘り出し体験には、水元中央小学校の5年生12人が参加しました。児童たちは、生産者の中野さんから雪室リンゴの説明を受けた後、幅およそ5メートル、高さ1.6メートル程の雪山をスコップで掘り始めました。そして去年11月に収穫し、先月中旬から雪の中で熟成させた、葉とらずのサンふじや王林など4種類のリンゴ12箱を掘り出しました。このあと児童たちは試食し、雪の中で熟成させたリンゴの味を確かめていました。児童たちは総合学習の一環として、去年の春からリンゴの栽培について勉強してきていて、雪室リンゴのみずみずしさや味の良さに驚いていました。

 
中途採用の合同就職相談会
(22日19:40)
動画を再生

合同就職面接会は、厚生労働省の委託を受けて青森市内の雇用機会創出の促進を進めている協議会が開いたもので、青森市内に事業所を持つ建設や福祉、サービス業など44の企業や団体が参加しました。主催者によりますと、新規学卒者以外を対象とした合同の就職面接会は、県内ではほとんど開かれていないということです。就職を希望して会場を訪れた人の6割は20代と30代でした。事業は2014年度からの3か年のため、今回の面接会が最後となるということです。

 
南部バス 3月1日に譲渡
(22日12:25)
動画を再生

岩手県北バスの松本順社長と南部バスの佐藤力社長は、きのう八戸市で記者会見し、南部バスの全事業を来月1日に岩手県北バスに引き継ぐことを明らかにしました。岩手県北バスは南部バスの路線を現在のまま維持し、およそ250人の従業員は希望する全員を再雇用する方針で、南部バスは岩手県北バス南部支社となります。南部バスによりますと負債総額はおよそ26億円で、ほとんどは弁済が困難ということで、債権者には債権の放棄を求めていくことにしています。

 
10市大祭典 9月に十和田市で開催
(22日12:25)
動画を再生

青森市や弘前市など県内10市の市長が、きのう青森市で会見し、ことしの「あおもり10市大祭典」を9月23日と24日の2日間、十和田市で開催すると発表しました。あおもり10市大祭典は、県内10市が連携して各市の祭や伝統芸能、食や観光情報などを一堂に集結させて、それぞれの魅力をPRします。メイン会場は十和田市中央駐車場で、パレードは官庁街通りで行われます。またメイン会場近くの中央公園では、十和田市の観光資源である流鏑馬も披露されるということです。

 
五所川原で住宅1棟全焼 1人死亡
(22日12:25)
動画を再生

きのう午後6時前、五所川原市金木町の無職・小山内ミセさん、82歳の住宅から火が見えると隣に住む人から消防に通報がありました。火はおよそ6時間後に消し止められましたが、この火事で小山内さんの木造一部2階建ての住宅、およそ470平方メートルが全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。警察によりますと、小山内さんは6人家族ですが、出火当時、家にいた小山内さんと連絡が取れなくなっているということです。警察は、遺体は小山内さんとみて身元の確認を急いでいます。

 

ページトップに戻る