作成者別アーカイブ: 清保今泉

遅い夏休み

今泉です。

新型コロナウイルスの問題はなかなか収束が見えず、
世の中には自粛ムードが漂っています。

私も、予定していた企画が、小中学校の一斉休校により
部活動も休止となったため、取材できなくなってしまいました。
そういえば、後輩アナウンサーに順番に夏休みを取ってもらっていたら
自分が休むタイミングを逃していたので、
これを機会に5日間の休みをいただくことにしました。

ですが…
青森テレビでは政府の行動自粛要請を受けて
社員の国内出張と旅行を自粛しています。
おとなしく家で過ごそうかと思っていたとき、
ふと思いついたのです。

そうだ、温泉に行こう。

東京でフリーアナウンサーだったころは
仕事が入らなかった日が休み、という状態だったので、
いきなり連休になるということがたびたびありました。
大抵平日で、急なので誰かを誘うわけにもいかず
私はよく一人で各地の温泉に泊まりで出かけていました。

箱根、熱海、伊東、草津、伊香保などなど…
関東近郊の有名な温泉地はだいたい行きました。
ですが、青森に帰ってきてからは突然休みになることもなく、
そこらじゅうで温泉に入れることもあり
一人温泉をしようと思うことは無くなっていたのでした。

出かけたのはこちら。
asamushi01

浅虫温泉です。

子どもの頃から何度となく訪れている場所ですが、
泊まったことは一度もありませんでした。
車でも行けますが、旅気分を出すために電車で行きました。

宿についたらさっそくお風呂へ直行。
浅虫温泉は刺激のないまろやかなお湯。
出たり入ったりしながら30分以上かけてゆっくり楽しみ
たっぷり汗をかきました。

部屋に戻ったらもちろんこれ。
asamushi02
明るいうちから飲むビールってどうしてこんなにおいしいんでしょう。
今ごろ後輩たちは頑張って働いているけど気にしない!(ごめんなさい)

そして最大のお楽しみ。
asamushi03
お手ごろな値段の一人旅プランだったのですが
メインは倉石牛のしゃぶしゃぶ。やわらかくておいしかったです。

一人温泉をする時のもっとも大事なポイントは
「夕食が部屋食かどうか」です。
広間や食事処だと、一人で食べているととても目立ちます。
部屋食なら、誰にも見られず自分のペースでいただくことができます。
青森の地酒を飲みながら料理を堪能しました。

お膳を片付けてもらったあとはひたすらだらだら。
wifiが使える部屋だったので持ち込んだタブレットで動画を見たり、
横になってテレビを見たりして
眠くなったら寝るという幸せ。

いつもの休日なら目覚ましをセットせず遅めに起きますが、
温泉旅館では早起きして朝風呂に入ります。
心身ともにさっぱりしたところで朝食。

asamushi05関東の旅館だとだいたいアジの開きなんですが、サバ、ナガイモのとろろ、しょうが味噌おでん、リンゴのサラダなど郷土色豊かなメニュー。

中でも、asamushi06貝焼き味噌は仲居さんがその場でふわふわに仕上げてくれました。

前日とはうって変わって、雨と風が強かったので
10時前にチェックアウトしてまっすぐ戻り、
11時過ぎには家に着いていました。
非日常からあっという間に日常へ。

結論。近場の一人温泉、とってもよかったです!
移動距離が短いので時間もかからないのですが、
それでも旅気分はしっかりと味わえました。
女将さんに聞いたら
やはり県外客は減ってしまっているものの
その分いつもより地元客が増えているんだそうです。

こんな機会でもなければ、浅虫温泉に泊まることもおそらく無かったでしょう。
一人温泉を思いついた自分を褒めたい気分です。
青森県は各地に温泉がありますが、
近場の温泉に泊まることはなかなか無いと思います。
一人だろうが二人だろうが、泊まりで温泉、いかがでしょう?

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

浅田真央さんの思い出

今年もあと7日で終わろうとしています。

今年を振り返っていちばん印象に残ったことといえば、
やはり浅田真央さんと一緒にロケをしたことでしょうか。

image0 (1)

 

真央さんは映画「奇跡のリンゴ」を見て
主人公のモデルとなった弘前市の木村秋則さんに興味を持ち
青森に行くことがあったらぜひ会ってみたいと思っていたのだそうです。

真央さんがプロデュースするアイスショー、サンクスツアーの
プロモーションで訪れた際は、
木村さんの都合が合わなかったため
木村さんのリンゴを使ったコース料理を提供している
弘前市の「レストラン山崎」にお連れしました。

真央さんの感想を聞く撮影なので
料理は当然真央さんの分しか用意されていなかったのですが、
私の前に料理が無いのを見た真央さんが
「一緒に食べませんか?」と私に言ったので驚きました。

私は伊藤みどりさんと同世代で
かなり前からフィギュアスケートを見ています。
東京でフリーアナウンサーをやっていたときに
ブログにフィギュアスケートのことを書いていたら
コラムの執筆依頼が来て、
ライターとして全日本選手権を取材に行ったことがあります。
その時、大勢の記者に混じって真央さんのインタビューを聞いていたので
彼女がどんな質問にも真面目に答える
とても優しいまっすぐな方だというのは感じていたのですが、
その印象は間違っていなかったんだなと思いました。

そして、青森公演の前日に
木村秋則さんとの対談が実現しました。
バタバタしていて写真を撮り損ねたのですが、
真央さんは紙にいくつも質問を書いてきていて
あぁ本当に会いたかったんだな、と思いました。

真央さんの質問に、木村さんはひとつひとつ丁寧に答えてくれて
真央さんもじっと真剣に聞いていました。
中でも「真央ちゃんは感謝をしたらいい、衣装にも、靴にも、氷にも、なんでも」
という言葉は、真央さんの心に響いたようでした。
木村さんは、畑から取ってきたばかりのリンゴを
たくさん持ってきてくれたのですが、
真央さんは申し訳なさそうに
「火を通したリンゴは食べられるんですが、生のリンゴはアレルギーがあって…」と
言いました。
すると木村さんが
「前に、アレルギーの人が私のリンゴを食べたら大丈夫だったから
もしよかったらちょっとだけ食べてみて」
と言いました。

真央さんの性格だったら
きっと公演が終わったら食べるだろうな、と思ってインタビューを終え
その後は「ねぶたの家 ワ・ラッセ」でロケ。
image1

初めて見るねぶたに大興奮で写真を撮りまくっていました。

その夜盛運輸アリーナで、
リハーサルを終えた真央さんにインタビューをしました。
インタビューを終えたところで、立ち上がった真央さんが
「リンゴ食べました! 大丈夫でした!」
と言ったので、私もスタッフもビックリしました。
しかもちょっとだけ食べたのかと思ったら、1個まるかじりしたそうです。
「リンゴまるかじりしたの小学校以来です、本当に奇跡のリンゴ!」
と言うので、思わず笑ってしまいました。

アレルギーの症状が出るかもしれないという心配よりも
食べてみたいという好奇心の方が勝ったんでしょう。
こんなところも真央さんらしいですよね。
たくさんの人に愛される理由がわかる気がします。

私にとってもいい思い出になりました。

さて、そんな2019年を締めくくる番組を作りました。
「わっち!!ニュース総決算 あおもり2019 ~平成から令和へ~」
12月31日午後5時から放送です。
この1年わっち!!ニュースでお伝えしたニュース映像で
ことしの県内の出来事を振り返ります。
この番組を作るために、12月はずーっとアーカイブを調べ
ひたすら原稿を書く毎日でした。
おかげで腰痛が…。

ちょっと早いですが
今年も青森テレビの番組、そしてアナウンサーブログやインスタグラムを
ご覧いただきありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

あっという間に夏が…

ごぶさたしています。今泉です。

気がつけば祭りシーズンが過ぎ、お盆が過ぎ、
朝晩はエアコンがいらないぐらいの涼しさに。
毎年のことなんですけど、青森の夏、終わるの早いですよね。

今年は、黒石ねぷた祭り、八戸三社大祭、青森ねぶた祭前夜祭で
中継リポーターを担当しました。
この時期、お祭りが重なるのでアナウンサーの都合がつかず
黒石ねぷたの中継が決まったのは当日の朝。
ニュースワイド時代に、八戸から2度中継をしたことがありますが、
お祭りの中継なんて福岡で局アナをしていた20代の頃以来です。

ただ、当時担当していた番組が
毎朝、外から生中継をするものだったので
中継そのものは何度やったか覚えていないぐらいたくさん経験しました。
そして、20年以上やっていなくても
中継の感覚って体が覚えているんですね。
全然緊張しなかったし、楽しんでできました。

黒石ねぷたはこみせ通りの幅に合わせて小さめに作られていますが、
ねぷたに手が届くような近いところを通るので
違った迫力がありました。

黒石ねぷた。高さも低めでとても近くで見られる

黒石ねぷた。高さも低めでとても近くで見られる

三社大祭の山車も、テレビで見ていたときには迫力がわからなかったのですが、
実際に目の前で見たら、高さ10mにもせりあがる仕掛けに興奮。

生で見ると立体感がわかって迫力があります

生で見ると立体感がわかって迫力があります

そして青森ねぶた。跳人の衣装は自前です。
これを着てお囃子を聞くと、じゃわめかずにはいられない青森市出身の私。

マイクを持って跳ねたの初めて

マイクを持って跳ねたの初めて

黒石ねぷたと八戸三社大祭は、何を喋るかは自分で考えたのですが
青森ねぶた前夜祭は、後輩の記者が台本を書いてくれました。
リハーサルをしてみたら30秒ほど余ったので
残った時間は跳ねることにして本番を迎えました。
跳ねだしたらやっぱり楽しくて、結局中継の終わりまで30秒ほど跳ねっぱなし。
最後は息が切れてしんどかったです。

中継を見た人からは、私の跳ね方がやっぱり青森の人だと思った、とか
私が跳ねる姿しか印象に残っていない、と言われました。
それはそれで中継としてどうなんだろう…とも思いますが
まぁ楽しかったんでよしとしましょう。
私がお祭りの中継をやることもそうそう無いと思うので。

さぁ、秋が来て冬が来て雪が降るぞー(まだ早い)

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

ATVアナウンサー公式インスタグラム始めました

インスタ映えという言葉もすっかり定着したところで、
遅まきながら
ATVアナウンサーの公式インスタグラムを7月20日から始めました。

ブログの更新も決して頻繁とはいえないうちのアナウンサーですが
(人のこと言えないんですが…)
こちらもどうぞよろしくお願いします。

アカウントは atvana_official です。

https://www.instagram.com/atvana_official/

青森テレビホームページのトップページの左側のバナーからも
見られます。

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。