作成者別アーカイブ: 佐藤 香

ATV記者物語

ある日のATV報道制作部。

FC9CE2D9-2509-4171-8E26-1E51FFA89AA5

男性記者たちが写真を撮り合っています。

しかも使っているのは、懐かしの使いきりカメラ!

146D95C4-D39D-4810-87BB-0D52E26244F1

実は入社1年目の村上記者(↑)が春から弘前支社に異動になるのですが、
みんなとの思い出を作りたくて、「写真撮りましょう」と言って回っていたのでした。
カメラと、写真を貼る大きなコルクボードまで自ら買ってきたそうです。笑

佐藤「そういうのって、周りがプレゼントするものじゃないの?笑」
村上「自分で買ったっす。画鋲もオシャレなの買ったっす。」
そう言ってはにかむ村上記者。いいですね。とてもいいです。

主に北五・西・中南津軽のニュースを取材し、
時にはテレビでリポートする機会もあると思います。
見かけた際は「あ、自分でカメラ買った人だ!」と温かく見守っていただけたら幸いです。
支社は本社より記者の人数が少ないので、
その分一人でやらなければならないことが増えます。
コロナ禍で壮行会ができないのが残念ですが、
きっとしっかり力をつけて、記者として一回りも二回りも成長してくれることでしょう。
村上くん、頑張れよぉ~~!!

 

【おまけ】
同じ日の報道制作部。

ん・・・?

 

ベテラン・竹島記者の首に何かついています。

 

ED0F8087-A76B-4D64-A1FF-700576815309

まさかの、お灸!!笑
しかもかなりイカつい、本格的なお灸。
こんなことあります?笑
相当首が凝っていたのでしょうね。

0223_184334わっち!!ニュース

竹島記者はスケートをしながら、温泉に入りながら、夏は冷やしシャンプーをしながら
唯一無二の世界観でリポートをします。また、歴史系・ねぶた・ホタテ・マグロなど
様々な企画を出していて、私は密かに巨匠と呼んでいます。
社内にもファンが多いです。ぜひご注目ください!

このように、ATVには独特の感性を持つ記者たちがいます。
楽しいです。

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

JNN東北5局で同時放送!

毎年この時期恒例の、JNN東北特番のお知らせです!

JNN系列の東北各局で同時放送
「東北全力応援!幸せここだけフード」
2月21日(日) 14時~

地元の人たちには親しまれているけれど、あまり知られていない心温まる料理。
そんな「幸せここだけフード」を発掘する番組です。

青森は「可愛い」、秋田は「受け継がれてきた」、岩手は「コロナに負けない」、
宮城は「伝統の食材」、山形は「手軽に食べられる」、福島は「青春の味」
をキーワードに紹介!

りんご① 佐藤

青森パートはわたくし佐藤がリポートします✨

司会は、ぐっさんこと山口智充さんと、山形県出身のタレント西原愛夏さん。
そしてゲスト審査員をお迎えし、SNSや雑誌などでとりあげたいと思うものを選んでいただきます!

いなり

食べ方 シソ巻き2

果たして、青森県の「幸せここだけフード」の評価は!?

知ってはいたものの食べたことはなかったものもあって、新たな発見がありました。
取材をしながら、「可愛い!」「おいしい!」「幸せ!」の連続でした。

しかし一部、自分で目をそむけたくなるようなシーンが・・・(((;゙゚”ω゚”)))
今から震えています。福島の両親に心配されるかもしれません。

が!他の県の幸せここだけフード、どんなものが出てくるか楽しみです♪
ちなみに秋田県には系列局がないため、秋田パートは髙山アナが担当していますよ!

「東北全力応援!幸せここだけフード」
21日(日) 14時から放送です。
温かい目でご覧いただけたら幸いです。

 

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

脱○○作戦!

「脱・綺麗な読み!」を目標に掲げ、朗読を初めて数年が経ちます。

「おいおいどこが綺麗な読みなんだよ~(^ω^)」という
ツッコミが聞こえてきそうですが、、、笑
ここで言う「綺麗な読み」は、「正しい発音・滑舌で間違えずに読む」
という意味で書きました。

朗読会に参加するたびに思うのは、
出演者の皆さんの読みが、とっても味があるということ。
登場人物の気持ちを考え、心を込めて読んでいるので、
自然とその世界に入って行けます。
自分は仕事柄どうしても「正しく読む」ことに意識がいってしまっていたんです。
もちろん、ベースとして正しく読むことは大事だと思います。
昔、初めて声優さんの朗読を聞いた時は震えました。
発声、滑舌、トーン、どれをとっても一級品で。
でも、感動した理由はそれだけじゃないよなあと・・・

うまく読もうとするのではなく、まずは作品を楽しまなければ!
今年はさらに、「脱・かおり」を目標に加えました。

かおりだけど、脱・かおり。なんのこっちゃ(^o^)
これはですね、普段ならついつい自分が読みやすい声・テンションで
読んでしまいそうになるところをぐっとこらえて封印し、
新しい読み方を見つけよう!!!ということです。

そんな野望を胸に、先月下旬、2週にわたって朗読会に参加してきました。

しかもどちらも生演奏付き♪
選ぶ曲の種類、演奏のタイミングで印象が大きく変わるので、
どの出演者さんも、イメージを練りに練って音楽とコラボ。
奥が深いです。

結果、「脱」作戦が成功したかどうかはさておき、
いつもと違う自分は発見できたような気がするぞ!?!?
とっても楽しかったです!!

A040AD41-D02F-4429-B1B9-86695F4C97AA

最初の週は、近藤アナと一緒に出ました✨
作品は「Life」(作/くすのきしげのり、絵/松本春野、瑞雲舎)
心温まる、ほっこり系のお話です。

2857B2BE-5135-4B11-ABBE-9B9C3AB37900

しんみり読むシーンがいくつかあり、私にとっては挑戦でした。
お客様からのアンケートに「涙しました」というお言葉もあり、
近藤アナと小躍りしました。ありがたや・・・
一緒に「脱」目指したもんね・・・

次の週は、ソロデビュー!!
1人で舞台に立つのは初めてでした!ドキドキ!
選んだのは、「せかいいちのいちご」(作/林木林、絵/庄野ナホコ、小さい書房)
という絵本です。

13455330047642

クマ好き、いちご好きなのでたまたま図書館で手に取ったのですが、
これがまた面白い作品でして!

あらすじを言いますと、
ある日、シロクマのもとに1粒のいちごが届き、
あまりの嬉しさに、シロクマはさまざまな妄想を繰り広げます。
食べるのはもったいないからイヤリングや指輪として使おうとしたり、
ドレスアップして友達を招待した挙句、1粒を薄く切って提供しようとしたり
なかなかぶっ飛んだ考えをお持ちです。
届くいちごは年々増えていき、そこで最後にシロクマが気づいたことがあります。
そのオチが、「深い」・・・!
間違いなく、大人が読んでも楽しめる絵本です。

 

最初に声に出して読んだ時は、いつもの自分そのものでした。
でもそれじゃ「脱・かおり」にならないので、
本の絵を見ながら、この子はどんなクマなのか想像をめぐらせ・・・

すると、「ちょっとませてる、オシャレが大好きな10代の女子クマ」に見えてきて、
元気というよりは少し大人っぽく、上品に読むことにしました。
これは今までの自分にない読み方です。

オチが良いだけに、ラストをどう読むかは最後まで悩みました。
でも大事なところだししっかりキメなければ~!
ということで、朗読サークルで練習を重ね、本番へ・・・

13470469085232

13470468887265

当日は、こんな時じゃないとなかなか着られない
いちごがゴロゴロついたセーター(お気に入り)と、
このマスクをご覧ください!!

13470468776492

7FB53DC5-3E77-4638-A270-44A2BD9C839E

手先が器用でよく手作りマスクをプレゼントしてくださる
会社の先輩Yさんの特製マスク♡♡♡

シロクマといちご!!ぴったりすぎます!!!
このアップリケを1つ1つつけてくださったことを考えると、ジーン・・・
Yさん、ありがとうございます。

また、いつもお世話になっている方が
ホールケーキを差し入れしてくれました。
何と「せかいいちのいちご」にちなんで、いちごのケーキ!

1が多め(笑)

1が多め(笑)

シロクマが見たら、彼女も喜ぶだろうな~
お陰様で、練習したことは出せたかなと思います。

しかし、「脱・かおり」後の引き出しはまだまだ増やしたい!

週に一度、朗読サークルのメンバーと会うのが癒しの時間になっています。
新しい本と出会うたび、世の中には大人も楽しめる、
こんなに面白い絵本がたくさんあるのか~!と驚くと同時に、
もっと絵本に詳しくなりたいなぁと思い始めています。
これからも楽しみながら、のんびりと朗読を続けていくつもりです。

思いがけず長文になり、自分でちょっと引いてます。
読んでくださった方、ありがとうございます♡

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。

おひとりさまを楽しむグッズ

わっち!!で月に一度お送りしている「雑貨通信」✨
皆さんは、去年Twitter上で一番つぶやかれた言葉が何かご存知でしょうか!?

2位の「アベノマスク」に大きく差をつけて1位となったのは、
「StayHome/おうち時間」だそうです。(調査…イー・ガーディアン)

今年もおうち時間の過ごし方が注目されそうですね。
というわけで今回のテーマは「おひとりさまを楽しむグッズ」
おうちでひとりで過ごす時間が贅沢になるような商品を集めました。

イメージ写真

※イメージ写真

 

紹介したのは、
・ひきたてコーヒーが味わえるミル付きコーヒーメーカー
・自動回転する焼き鳥メーカー
・ご飯が炊ける弁当箱(しかもおかずの調理も可能)
2

すべて「サンコーレアモノショップ」さんの商品です!

コーヒーは香り高い本格的な味。
憧れの「豆のままください」というセリフが言えます。(カッコイイ)

焼き鳥メーカーは、生の鶏肉とネギを付属の串に刺して一から焼いてみましたが、
20分ほどでとてもジューシーな焼き鳥ができました。
自動で回転するので、ムラなくじっくり焼けます。
オンライン飲みでも注目されること間違いなし!

そして炊飯器弁当箱は、なんと最短約15分でご飯が炊けちゃうという
信じられない商品です!

0129_172341わっち!!【「雑貨通信」おひとりさまグッズ特集▽週末中継】

おかずは市販のお惣菜やレトルト食品を入れてもOKですし、
この日は冷凍のシュウマイを用意しました✨
ご飯を炊くときに水蒸気が出るので、蒸す物がいいかなと思い!
(事前の実験でカニクリームコロッケでも試してみましたが、個人的には
サクサクにしたいものより、しっとり仕上げたいものがオススメです)

0129_174116わっち!!【「雑貨通信」おひとりさまグッズ特集▽週末中継】

「教えて!!吉田さん」終わりで先川さんに食べてもらいました。
学校の机のセットが、早弁してる子みたいでぴったりでしたね。笑

サンコーレアモノショップさんの商品からは
使う人に「驚いて・楽しんで・喜んでほしい」という思いが伝わってきます。
畑は違えど、番組作りも同じだな、と勝手ながら思いました♡
これからもサンコーファンとして、旬の雑貨情報をお届けしていきます!

おばあちゃんにもらった半纏

おばあちゃんにもらった半纏が役に立ちまくり

 

カテゴリー: あなログ | コメントは受け付けていません。